村上財団 ‖ The Murakami Family Foundation

Forbes Japanへ村上財団が支援させていただいている「子ども宅食」についての記事が掲載されました。

2017年10月17日
10月17日のForbes Japanに、村上財団が支援させていただいている「子ども宅食」についての記事が掲載されました。
ぜひ、ご一読ください。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171017-00018049-forbes-soci
——————————–
「写真に写る6人は右から、投資家村上世彰の娘、村上財団代表理事・村上絢。病児保育、待機児童問題をはじめ、子育て支援の分野で数々の実績を誇るフローレンス代表理事・駒崎弘樹。育休首長の先駆け的存在、文京区長・成澤廣修。東日本大震災復興に尽力し、「Mr.復興」と呼ばれた男、RCF代表理事・藤沢烈。支援歴10年、子どもの学習支援のエキスパート、キッズドア理事長・渡辺由美子。社会を変える資金調達のスペシャリスト、日本ファンドレイジング協会事務局長・鴨崎貴泰。
異なる専門分野を持つ6人の間には、どんな関係があるのか。撮影の30分前、6人がいたのは厚生労働省の記者会見室。共同で、あるプロジェクトの発表会見に臨んでいた。
「子どもの貧困の解決を目指し、異なるセクターの専門家が手を取り合う、全く新しい形の支援はじめます。その仕組みの名は、『こども宅食』です」
——————————–

TOP