ニュース

【マッチング寄付プロジェクト】第4弾 全国こども食堂支援センターむすびえ

2017年に東京都文京区ではじまった「こども宅食」の支援を通じて、日々の生活における「食」の持つパワーを身にしみて感じています。物理的におなかが満たされるというだけでなく、会話や笑顔、そして人とのつながりを生み出したり、暖かい気持ちを受け取ったり届けたりと、「食」を通じた支援は、大きな広がりを持っていると感じています。

核家族化、共働きやひとり親家庭の増加といった様々な時代の変化において、むすびえさんが取り組まれる「子ども食堂」の重要性と可能性は非常に大きいと思います。多くの方々の生活に変化が生じているこのコロナ禍においてはなおさらです。

一人でも多くの子ども、そして家庭に「食」を通じて笑顔と暖かい気持ちが届くことを願って、マッチング寄付という形で支援をさせていただきます。

 一般財団法人村上財団 村上世彰 村上絢

寄付が2倍 コロナ緊急 「こども食堂基金」で5万人の子どもに食を